認定セラピストトレーニングのステップと費用

当センターのトレーニングは、PCIT Internationalのトレーナー・セラピスト認定制度に基づいています。トレーニングの詳細についてはPCIT-Japan及びPCIT Internationalのホームページをご覧ください。

資格申請条件
PCIT Internationalの認定セラピスト資格申請に先立ち、下記2つの条件がありますので、イニシャルワークショップ受講前にご確認下さい。なお、この条件は米国の状況に基づいて策定されたもので、日本の状況においては判断しにくい点もございます。ご質問や疑問については、office@pcittc-japan.comまでどうぞ積極的にお寄せ下さい。

  1. 精神保健衛生分野において修士号以上、あるいは諸外国において修士号と同等の学位を有すること。あるいは医師免許を取得していること。
    及び
  2. 自ら免許を有する精神保健衛生サービスの提供者である(例:免許を有する心理学者/カップル・家族療法家/カウンセラー/臨床ソーシャルワーカー等)こと。または、免許を有する精神保健衛生サービス提供者のスーパービジョンのもとに勤務していること。


  1. 40時間PCITイニシャルワークショップの受講
  2. 1年間にわたり上級トレーナーに月2回以上のコンサルテーションとスーパービジョンを受けながらPCIT2ケースを(少なくとも1ケースはメインセラピストとして)修了する。この中には所定のスキルレビューが含まれる。
  3. 認定申請と修了テスト

ステップ1:40時間イニシャルワークショップの受講
40時間イニシャルワークショップは、認定トレーナーによるPCIT初心者のための入門ワークショップです。5日間(40時間)集中してPCITを基礎から学びます。対面型、オンライン型いずれも可能ですが、Covid-19状況下ではオンライン型開催が主流となっています。

参加費用:原則1人200,000円(税別)
★実施状況により、変更する場合があります。

ステップ2:ケースコンサルテーションとスーパービジョン
イニシャルワークショップ受講後、認定トレーナーによる1年間のコンサルテーションとケーススーパービジョン(月2回以上)を受け、2ケース以上(うち1ケース以上をメインセラピストとする)を修了に導くと認定セラピスト資格申請の条件が整います。ケーススーパービジョンでは、認定トレーナーやトレーナー資格研修者が上位トレーナーの指導の元実際のケースに対して遠隔あるいは即時指導を丁寧に実施します。来所型PCITの他、インターネットPCITも認定対象ケースになります。

コンサルテーション・スーパービジョン費用:1時間10,000円(税別) ビデオ閲覧1時間10.000円(税別)(ビデオ閲覧費用が必要となるのは特定のセッションのみです)
★コンサルテーション・スーパービジョン実施費用はケースごとによって実施回数や参加人数(上限2人)などで負担額が異なりますのでご注意下さい。
★(参考)米国では、イニシャルワークショップに1年間のコンサルテーション費用を合わせた額を参加費用としていますが、日本の場合は、イニシャルワークショップ受講後ケース開始まで時間がかかる場合があるので、ワークショップ費用とコンサルテーション・スーパービジョン費用を分けて納入していただいています。
★コンサルテーション・スーパービジョンはルーキー2人がペアでになって受けることができます。

ステップ3:認定申請と修了テスト
ステップ1、2が終了すると、PCIT Internationalに認定セラピスト申請に必要な書類を送付します。申請のための費用をPCIT Internationalに収める必要があります(2021年2月14日現在225USD)申請書への記入についてもお手伝いします。修了テストは難しいものではなく、簡単な知識を確認するものです。