研究成果 Achievements

2020年

論文:
加茂登志子(2020):女性の気分症群、講座 精神疾患の臨床 気分症群 第1巻、神庭重信(編集)松下正明(監修)、中山書店

講演・研修会:

学会発表:

出版:
加茂登志子: 1日5分で親子関係が変わる! 育児が楽になる! PCITから学ぶ子育て、小学館 5月 (Amazon)

2019年

論文:
・加茂登志子. (2019). 医学的見地からの DV 被害者の状況等について. ケース研究2019(1), 4-37.

口演・ポスター:
川崎雅子, 加茂登志子(2019, 12月):PCITイニシャルワークショップ前後のトレーニーの自尊感情の変化. 第9回PCIT-Japan CARE-Japan合同研究会(ポスター)
Kawasaki, M. (2019,September) Changes in self-esteem of trainees before and after PCIT Initial workshop. CREST領域会議(ポスター)
川崎雅子:早稲田大学人間科学学術院心理相談室 第8回臨床心理セミナー 事例発表「乱暴な行動が目立つ小1男児とその母親への親子相互交流療法(PCIT)を用いた介入」
Kawasaki, M.,& Kamo, T. (2019,May) How Trainees and Trainners disseminate PCIT in Japan? -the possibility that PCIT collaborate with advanced technology. 教育とセラピーのための最先端技術に関するシンポジウム(ATET)(ポスター)
・加茂登志子, 川崎雅子(2019, 5月):PCIT理解のためのプロット. 教育とセラピーのための最先端技術に関するシンポジウム(ATET)(口演)

研修会講師:

7月
川崎雅子:2019年度 NPO法人男女平等参画推進みなと(GEM)主催講座 講師「子どもと大人の絆を深める!CAREプログラム」
川崎雅子:さいたま市令和元年度学校カウンセリング応用研修会「学校でできる気になる児童生徒への声かけ~CAREプログラムを用いて~」
川崎雅子:さいたま市馬宮東小学校 学校保健委員会講師「自己肯定感の低い児童への支援のあり方~CAREプログラムを用いて~」

2018年

論文:
加茂登志子. (2018). 親子相互交流療法 Parent-Child Interaction Therapy: PCIT のこと. 女性心身医学23(1), 1-2.

Hosogane, N., Kodaira, M., Kihara, N., Saito, K., & Kamo, T. (2018). Parent–child interaction therapy (PCIT) for young children with attention-deficit hyperactivity disorder (ADHD) in Japan. Annals of General Psychiatry17(1), 9.

講演・研修会:

学会発表:

 

2017年

論文:
加茂登志子. (2017). 親子相互交流療法 (Parent-Child Interaction Therapy: PCIT)(特集 子どもと家族のための認知行動療法). 認知療法研究= Japanese journal of cognitive therapy10(1), 3-10.

講演・研修会:

学会発表: