研修の概要

 日本PCIT研修センターでは、PCITをはじめ、メンタルヘルスの臨床に役立つ様々なカウンセリング、ペアレント・トレーニング等の研修事業や講演活動を行ないます。

親子相互交流療法 
Parent-Child Interaction Therapy:PCIT

 子どものこころや行動の問題や育児に悩む親(養育者)に対し、親子の相互交流を深め、その質を高めることによって回復に向かうよう働きかける行動学に基づいた心理療法です。PCITは1970年代、米国でSheira Eyberg教授によって考案・開発され、現在も発展を続けています。

 PCITが効果を発揮するのは、一言でいうと「言うことを聞かない」「乱暴」「落ち着かない」「ぐずぐすする」などの行動上の問題を有する子どもや、育児困難に悩む養育者です。治療効果に関してはすでに多くのランダム化比較試験が行われており、特に子どもの問題行動への介入についてはアメリカ心理学会の提示するエビデンスに基づく治療のガイドラインにおいて「よく確立されたwell-established」治療として位置付けられています。近年では、注意欠陥多動性障害(AD/HD)や自閉症スペクトラム障害(ASD)の子どもの養育をターゲットとした介入や、虐待を受けた子どもとその親との関係改善についても研究され、いずれも良好な結果が得られています。

 プログラムは前半の子どもが遊びのリード(主導権)をとるなかで親子の関係を強化する子ども指向相互交流(CDI)と、後半の親がリードを取りしつけを行う親指向相互交流(PDI)の2段階に分かれています。子どもの問題行動が減り、親がCDIとPDIのスキルをマスターして育児に自信が持てたらこの治療は終結します。理論的背景として重要なのは、Banduraの社会学習理論 (Bandura)、Skinnerの行動修正理論、Bowlbyらによるアタッチメント理論のほか、Baumrindのペアレンティング・スタイル等です。PCITを学ぶことで、行動科学の基本もまた学ぶことが出来ます。

 日本には2008年、東京女子医科大学附属女性生涯健康センターで導入され、以後徐々に日本の臨床に浸透してきました。当センターのトレーニングは、創始者であるEyberg教授がCEOを務めるPCIT Internationalのトレーナー・セラピスト認定制度に基づいているため、学ぶだけでなく、ライセンス取得を目的とした研修プログラムを受けることが出来ます

1)40時間イニシャルワークショップ
 PCIT初心者のための入門ワークショップです。5日間(40時間)集中してPCITを基礎から学びます。イニシャルワークショップを受講することでご自身でPCITを行うことができるようになります。
 また、ワークショップ後、所定のスーパービジョンを1年間にわたって受けることにより、PCIT InternationalからPCIT認定セラピストのライセンスを得ることができます

年3~4回の開催です。開催に関する情報は本ホームページとPCIT-JapanホームページおよびPCIT-Japan会員メーリングリストで得ることができます。

出張ワークショップもお受けします。費用等に関しては別途ご相談ください。

2)ブラッシュアップワークショップ・アドバンストワークショップ
 イニシャルワークショップ受講者を対象に、PCITの知識やケースの理解を深めたり、より高度なスキルを獲得するために行われるワークショップです。年2~3回開催されます。開催に関する情報は本ホームページとPCIT-JapanホームページおよびPCIT-Japan会員メーリングリストで得ることができます

例:
 PCITプロトコルの上手な使い方(3時間)
 DPICS-IVスキルブラッシュアップ(3時間)
 CDIスキルブラッシュアップ(3時間)
 PDIスキルブラッシュアップ(3時間)

3)スーパービジョン
 PCIT Internationa認定トレーナーが実際のケースに対して遠隔あるいは即時指導を行います。初めてケースlに取り組むルーキーのセラピストには原則的にセッション毎(次回セッション前)のスーパービジョンを施行します。認定セラピストになるためには、認定トレーナーのスーパービジョンのもとに臨床2ケースが終結することが必須となっています。

① 遠隔スーパービジョン
 実際の治療を録画していただき、トレーナーが閲覧したうえでインターネットや電話を介して行う遠隔スーパービジョンです。
  
② ライブスーパービジョン(直接研修)
  認定トレーナーの直接指導の下で実際のケースに取り組みます。実地指導は若松町こころとひふのクリニックPCIT研修センターで行います。研修生の募集については研修の申し込みページをご覧ください。

4)レベル1トレーナー トレーニング
 PCIT認定トレーナーとなるための最初のステップです。レベル1トレーナーは、自分が所属する職場や研究プログラム内でPCITを教え、認定セラピストを養成できるようになります。認定セラピストとなり、かつ主セラピストとして4ケースを修了すると「8時間レベル1トレーナーワークショップ」を受講し、その後1年間のトレーニングを受けます。認定セラピストを取得された方にお勧めしています。

5)ケースコンサルテーション
 これからPCITを始めるケース、終了ケース、中断ケースのケースコンサルテーションをお受けします。個人、グループともに可能です。費用については個別にご相談ください。

子どもと大人の絆を深めるプログラム 
Child Adult Relationship Enhancement: CARE

 CAREはPCIT始め様々な行動療法をベースに開発されたペアレントトレーニングです。親だけではなく、子どもと接するすべての大人が受講の対象となります。当センターでは今後定期的に専門家向けワークショップを行います