活動報告

2018年の活動の振り返り

 2019年が始まり、あっという間に2月も半ばに近づいています。2018年は1月度のイニシャルワークショップ以降、7か所、計8回のイニシャルワークショップ等実施させていただきましたが、その都度活動報告までに至りませんでしたので、ここで簡単に報告させていただきます。


2018年開催 イニシャルワークショップ:
1月  東京都新宿区(若松町こころとひふのクリニック) 参加者8名 トレーナー4名
2月  石川県金沢市 参加者8名 トレーナー4名
7月  佐賀県武雄市 参加者9名 トレーナー4名
8月  北海道札幌市 参加者9名 トレーナー4名
9月  広島県広島市 参加者10名 トレーナー4名
10月  群馬県館林市 参加者8名 トレーナー4名


参加者合計52名(お疲れさまでした!) このうち今日の段階で少なくとも19人(36.5%)の方がすでにご自身の臨床の現場でスーパービジョンを受けながらケースを開始しています。


2018年開催 児童相談センター等行政機関向けイニシャルワークショップ
11月 埼玉県上尾市 参加者 埼玉県児童相談所メンバーおよびさいたま市メンバー

児童相談所等行政機関におけるシステマティックなPCITの導入は今後の私たちの大きな目標です。


2018年開催 アドバンストワークショップ
12月  「COACHコーディングシステムの実際」及び「子どものトラウマ領域におけるPCIT」 講師 Robin Gurwitch教授(Duke大学、PCIT International Master Trainer)

2018年開催 ビギナーズワークショップ
12月 「はじめましてPCIT」 講師 加茂登志子


2018年開催 ウェブ特別講演
3月 「データに基づく介入治療としてのPCIT:臨床データを治療に生かし、転帰を改善するには」 講師 Melanie Nelson先生(フロリダ大学精神科)

 

 

2018年1月の若松町PCITイニシャルワークショップのご報告

 2018年1月26~28日、2月3~4日の日程で、若松町こころとひふのクリニックにおいて2018年最初のイニシャルワークショップを開催しました。8人のPCITセラピストルーキーと5人のトレーナーで、楽しくもみっちりと濃密な5日間を過ごしました。ルーキーの皆さま、もう基本的なスキルはばっちりですので、どうぞ自身をもって臨床に取り組んでください。トレーナーは、加茂登志子のほかレベル1トレーナーの小平かやの先生、加藤郁子先生、そして現在認定セラピストトレーニング中の加茂康二先生、田中裕子先生が担当しました。

 

講義とディスカッション

 

ロールプレイ